競技車両に関する規則

出場選手の方は良く読んで規則に合った自転車で参加して下さい。大会当日に規定外の車両又は機材と認められた場合、出場禁止となりますのでご注意下さい。 

 

各クラス共通規則

・基本的に前後輪同径車輪の自転車で前後輪に制動装置(ブレーキ)を備えたもの。

・原則変速機を有し固定ギアでないこと。(ミニベロ車等は例外とする。)

・公道を走行するにあたり安全上問題のないもの。(強度・材質・構造・外観上の突起等)

・日頃から整備がされていない(整備不良、汚れやサビが多い、損傷個所が多い、必要な給油等がされていない等)車両の使用は禁止します。スタンドは取り外して下さい。

・ハンドルのエンドバー装着は可とします。トライアスロン用DHバーの装着は禁止します。

・ロードレーサータイプまたはスポーツタイプ、マウンテンバイクタイプの自転車とします。(荷台、カゴ等のついたシティサイクルいわゆるママチャリ等は原則禁止)

・ミニベロ(小径ホイール)車は出場可とします。 

・MTBタイプ車のドロップハンドルは禁止します。

 

※ その他、主催者(審判・検車係)が競技の安全上問題があると判断した場合、大会当日でも出場を禁止する場合がありますのでご了承ください。
※ 別表に使用可能にものと使用禁止の区分を表示してありますのでよくご覧いただき適合する車両、装備、服装でご参加願います。
※ ご不明の点は事前に大会事務局へお問い合わせ下さい。
(お問い合わせ内容によっては公平で明確な審査、審判のため車両の現車確認や画像による判断が必要になる場合がありますのでその際はご協力をお願いします。)

<別表>

ダウンロード
印刷用電子データ
HCTT大会競技車両に関する規則.pdf
Adobe Acrobat ドキュメント 110.7 KB